ご納骨について

徳純院には永代供養墓・納骨堂がございます

阿弥陀如来胎内納骨
永代供養付き 合祀胎内納骨 3万5千
詳細はこちら
個人用納骨位牌
永代供養付き 個人用納骨位牌 7万5千
詳細はこちら
個人用納骨仏壇
永代供養付き 個人用納骨仏壇 1基36万
詳細はこちら
小家族用納骨仏壇
永代供養付き 小家族用納骨仏壇 1基66万
詳細はこちら

徳純院は根本の趣旨に基づき、宗旨にこだわることのない、みんなの宗という立場のお寺です。
僧侶だけが読経し修行すれば良いというものではなく、供養に来られた方も祈願に来られた方も、み仏の大慈悲に素直な気持ちで手を合わせ読経することで、確かに実在される「み仏」が、私たちを幸せに導くために、御守りいただけることを説いております。

永代供養とは?

ここ数年の終活ブームによって「永代供養」と言う言葉も多くの人に広まりました。

しかし、永代供養とは何か?と言われるとよく分からない人の方が多いようです。

一般的に寺院の納骨堂や墓地で使われる「永代供養」の意味とは、ご遺骨と共に故人様のお名前を寺院の過去帳に記載し寺院が続く限りご供養する。と言う意味で使われます。

しかし、言葉にこれと言った決まりや定義がある訳ではなく解釈もお寺ごとに様々です。大切な事は、ご遺骨をお預けする時に思い違いなどが無い様、寺院の僧侶の方などにその寺院で考える「永代供養」とは何か?と言う事をしっかりと聞き納得した上で納骨される事が、故人様にとっても残された遺族にとっても末長く安心してお預けいただく方法ではないでしょうか。

様々な埋葬方法

数年前にヒットした映画『世界の中心で愛を叫ぶ』のワンシーンに主人公の少女の遺骨を大自然にまくと言うシーンがありました。当時の日本ではあまり馴染みの無かった自然葬が、初めてメディアに登場したのではないかと思います。木の下に埋める『樹木葬』や海へ散骨する『海洋葬』などの自然葬を始め、多くの方と一緒に入る『合祀墓・永代供養墓』や分骨して一部を手元に置いておく『手元供養』一人用の『個人墓』など時代のニーズに合わせて数多くの埋葬方法を選択出来る時代になりました。しかし、選択肢が多いと言う事は、どの様に埋葬して欲しいのか?と言う意思を個人個人がはっきりと持たなくてはならない時代とも言えます。墓地には、遺骨を納める場所と言う以外にも残された家族が故人を偲ぶ場所でもあります。墓地や埋葬方法を選ぶ時には、自分の為だけではなく残された家族、友人・知人、などが気持ちも汲んだ上で選択する事が大切です。

各種プランのご紹介

阿弥陀如来胎内納骨

永代供養阿弥陀如来像 胎内納骨

  • 埋葬費
  • 永代使用費
  • 永代供養費
  • 永代冥加料
戒名料は含まれません。 3万5千円

全長2mの阿弥陀如来像の胎内にご遺骨が納骨されます。
お持ちいただいたご遺骨を粉砕し胎内に納骨。永代にわたり供養させていただきます。
阿弥陀如来像胎内納骨は仏の世界からこの世に修行のために来て、悩み苦しみながら手を合わせ、また仏の世界に帰っていくという弘法大師が詠まれた歌を形にした、新たな納骨供養のかたちです。

胎内納骨のしくみ
芳名板

オプション:芳名板

  • 生前予約可能
  • 別途費用
+1万円

ご希望により芳名板にお名前を刻み、生きた証を残すことができます。生前からのご予約も可能です。

個人用納骨位牌 ここに遺骨が入ります

永代供養個人用納骨位牌

1基 7万5千円

25cmの円筒形の位牌にお持ちいただいたご遺骨を粉砕して納骨し、個別に位牌棚に安置し供養させていただきます。管理費の管理期限が切れても、無縁仏になることはありません。堂内の阿弥陀如来像の胎内に納骨し、永代にわたり供養させていただきます。

※年間冥加料が5千円かかります。
※生前にご契約の場合、管理費の期間は納骨されてからの期間となります。

個人用納骨仏壇

永代供養個人用納骨仏壇

  • 戒名料(1名分)込
1基 36万円

1人分の戒名と位牌が含まれており、直径25cmのお骨壺を収納できます。冥加料(年間管理費)の管理期限が切れても、無縁仏になることはありません。堂内の阿弥陀如来像の胎内に納骨し、永代にわたり供養させていただきます。

※生前にご契約の場合、冥加料(年間管理費)の期間はご契約時からの期間となります。
※年間冥加料が1万円かかります。

小家族用納骨仏壇

永代供養小家族用納骨仏壇

  • 戒名料(2名分)込
1基 66万円

2人分の戒名と位牌が含まれており、2名分のお骨壺を収納できます。粉骨することでさらに4名分のご遺骨が収納可能です。

※生前にご契約の場合、管理費の期間はご契約時からの期間となります。
※年間冥加料が1万円かかります。
※2個以上のご遺骨を収納可能ですが、2個目以降は遺骨の粉砕と納骨供養料として1体につき5万円かかります。

※ご契約の際には、火・埋葬証明書、もしくは改葬許可書、身分証明書、認印、契約代金が必要となります。
※敷地内の供養は、徳純院の法式典礼により行わせていただきます。

プラン比較表

  胎内納骨 個人用納骨位牌 個人用納骨仏壇 小家族用納骨仏壇
価格 3万5千円 7万5千円 36万円 66万円
形式 合祀阿弥陀様の胎内に、他の方のお骨と共に納骨いたします。 御位牌個別の御位牌に戒名もしくは俗名を記し、棚に並びます。 御仏壇個別の御仏壇。一つの御仏壇に一名分のお骨をお納めいたします。 御仏壇複数名用の御仏壇。一つの御仏壇に二~六名分のお骨をお納めいたします。
年間冥加料 かかりません 5千円 1万円 1万円
オプション 芳名板
1万円
戒名
3万円
戒名
一名分付き
戒名
ニ名分付き

なぜ安いの?

「より多くの皆さまに心安らぐ安置の場を提供したい。」
阿弥陀如来像の胎内へ納骨することで、分け隔てない仏の世界へ帰ることにつながります。

こういった、境遇、お気持ちを持った方々に。

  • 納骨しないまま、お骨を自宅に持っている
  • お墓を継ぐ人がいない
  • お墓のことで子どもや孫に負担をかけたくない

いつでも気軽に納骨堂へ来ていただきたい。
苦しいことや悲しいこと、嬉しいことを故人さまに話すような気持でお参りしていただきたい。
そんな思いを込めた納骨堂です。

花の写真

火葬までは終わったけど、
遺骨はどうすればいいんだろう?

『いつまでも、家に置いていてはいけない』と思いながらも、金銭的・立地的に合う霊園や墓地が見つからず自宅にご遺骨を置いている方が最近増えています。

納骨場所を探している方の多くの悩みは

  • 子供達に迷惑をかけたくない
  • お墓を管理する人がいない
  • 金額が高くて墓地が買えない

遠方へのお墓参り。日程を考え、予定を調整して半日かけて・・・
暑い日、寒い日、雨の日、風の日、やはりどうしても腰が重くなりがちです。

田町駅から徒歩8分(タクシーで2分)の距離にある徳純院では、天候に左右されることなく、ゆったりと故人との時間を過ごすことができます。

土地の少ない東京都内でのお墓はとても費用がかかります。
また、お墓の掃除やお手入れ、場合によっては修繕が必要な場合もあり、維持管理は大変です。
納骨堂であれば費用負担は軽く、掃除の手間もかかりません。

風景写真 数珠の写真

ご納骨までの流れ

1.お電話にて日程をご予約ください

当寺院にお電話頂き、ご見学(ご納骨)の日程をご予約下さい。
ご予約の無い場合は、他の法要の関係上かなりお待ち頂く場合がございます。

受付時間 9:00~17:00

2.ご予約のお時間に当寺院にお越しください

当寺院にお電話頂き、ご見学(ご納骨)の日程をご予約下さい。
ご予約の無い場合は、他の法要の関係上かなりお待ち頂く場合がございます。

JR山手線又は京浜東北線でお越しの場合

  • 田町駅:芝浦口より徒歩約8分
  • 浜松町駅:南口より徒歩約8分

都営地下鉄三田線又は浅草線でお越しの場合

三田駅:A6番出口より徒歩約8分

東京徳純院

3.ご見学の後、ご契約

ご契約には、『印鑑』『身分証明』『火葬証明書等』をお持ちください。

4.納骨式

ご契約後、ご納骨式の日時をお決め頂きます。
納骨式は、平服でも結構です。
ご見学から、ご納骨式終了の所要時間は約1時間程度です。

すべて寺院が運営する納骨堂です

納骨堂の中には、寺院の運営する納骨堂ではなく、石材店や仏壇屋が運営する納骨堂がございます。

徳純院は、施設、職員や僧侶に至るまですべて寺院が運営しております。
皆様の心のより所となる寺院運営を目指しております。

新しい納骨のカタチ
古くからのお寺のスガタ

お寺付き合いというと多くのお布施が、かかると思っていませんか?
私どもは、近年増えていくお寺離れを無くすべく、お一人でも多くの方にお寺に足を運んでいただき心を通わせながら、仏様とのご縁を結んでいただきたい一心です。

徳純院の納骨の方法は、新しいカタチですが、古くからある誰にでも開かれた寺院の本来のスガタを目指しています。
故人様やご家族の思いを大切にするお寺とご縁に出会ってください。

花の写真

永代供養・納骨についてなどお気軽にご相談ください。

(お電話の受付時間は9:00~17:00までとなります。)

ページ上部へ戻る